正しい食生活で口臭予防する

正しい食生活で口臭予防する

口臭予防のために口腔ケアをする人がほとんどだと思います。
しかし、食生活を正すことでも口臭予防はできます。
規則正しい食生活をすることでしっかり口臭予防をして、いつも爽やかな息でいたいものです。

では、正しい食生活を送ることが、なぜ口臭予防につながるのでしょうか。
規則正しく1日3回食事をとれば、その食事毎に唾液が分泌されるので、細菌の繁殖を防いでくれます。
しかし、食生活が不規則だと、唾液の分泌量が減り、口の中が乾燥してしまいます。
乾燥した口の中というのは、最も細菌が繁殖しやすい環境なのです。
また、不規則な食生活で栄養不足になりますと、胃を傷めたり、体調を崩したりして、それが口臭の原因になってしまいます。

ここでいう口臭を予防するための正しい食生活とはどのようなものでしょうか。
まず、バランスのとれた食事が大切です。
野菜を中心にバランスよく食事を摂取することで健康が維持でき、体内から発生される口臭を防ぐことになります。

また、食べるときによく噛むことも大事です。
よく噛むと唾液の分泌量が増えるので、細菌の増殖を押さえることができるのです。
ダイエットにも効果がありますね。

最近は、日本も洋食化の傾向があり、魚より肉が好まれる傾向がありますが、本来、日本人は肉類を消化する力が弱いのです。
洋食を和食に戻すだけでも、体内の調子が整い、それが口臭予防につながります。

食習慣を見直すことは結構難しいことですが、これを機会に少しずつ改善して、体内も息もキレイでいたいものですね。

2011年11月30日|

カテゴリー:口臭を防ぐ方法